写真好きから ⇒ 世界中を旅する航空会社の専属カメラマン?!

趣味で写真が好き、という人がいるかと思います。
また、写真を撮りながら旅することも大好き、という方もいるかと思います。

そんな趣味が高じて成功者となった「とある女性」の例です。

秋田秀一秋田秀一

今回の記事は私が直接的に本人を知っているものではありません。
間接的に成功者のケーススタディとして情報を仕入れたものです。

【ここでのポイント】
・自分で自分を「売り込む」
・WIN-WIN の関係を築く!
・⇒ 成功者に!



過去に読んだ人生哲学や成功哲学本からの情報です。(記憶があいまいで間違っていたらごめんなさい)
積極的に自分の人生を「創造してきた」という女性の話です。

貧しい、売れないカメラマンというよりは、旅と写真が大好きな女性!

写真好きな女性

某英語圏の国に、旅と写真が大好きな女性がいました。

残念なことに彼女はカメラマンとして生計をたてていたわけではありません。
その日暮らしだったのです。

彼女は意を決して航空会社にアプローチ、自分を「売込み」ました。

黄色いモモンチ黄色いモモンチ

私は写真を撮ることが大好きです。
・・・・・

矢印イメージ画像

WIN-WIN の関係になる提案

WIN-WINの関係

黄色いモモンチ黄色いモモンチ

私を世界中のいろんな場所に連れて行ってくだされば・・・
たくさんの素晴らしい写真を撮影します。
もちろん、その撮影した写真は自由に使っていただいて構いません。


という売込み・提案をしたのです。

世界中の珍しい場所の素敵な写真が・・・
・飛行機の機内誌
・旅行会社向けの商品(旅・ツアー)案内
・テレビCMなどのイメージ画像・・・



彼女が撮影した素晴らしい写真、珍しい場所、素敵なスポットが世界中の人々の目に触れることになりました。

契約した航空会社の飛行機に乗って世界中に!

世界中を旅する

  • もちろん彼女は世界中に「タダ」で行けるのです。
  • 航空会社直営または提携している(ハイグレードの)ホテルに「タダ」で宿泊できます。
  • もちろんVIP扱いでのおもてなしを受けることができたのです。

彼女は趣味が高じて世界中を旅することができる「成功者」になりました。

まとめ

世界中を旅する成功した女性

【ここから学べること】
・好きなこと、趣味が「成功」へと導いてくれることもある。
・そのきっかけは、ほんの少しのエネルギー=自分を売り込んだこと。
・成功のためには特別な才能・資質は不要かも知れない=少しだけ(一歩踏み出すだけの)勇気があればいい!

ここまで本当にありがとうございました。


スポンサードリンク